--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03

25

コメント

音楽は自由!理論など不要!…ってホント?

本来、音楽は自由です。
タイミングも、そこに配置する音の数も、その各要素も、どんなふうしたってかまいません。 そこには限界値も段階もありません。どんなにとんでもない数字になろうと、どんなに微妙な数値であろうと、それは確かに音であり、その変化が音楽です。音楽がまず音楽であるために、そこにはなんの制約も制限もありません。
Nolimit

音や音楽の要素は無段階であり、無制限だ。※音の数のみ整数

ですが無制限であることと自由であることは、必ずしも一致しません。
例えば、それを聴く人間には限界があります。その限界を超えてしまっている音楽は、聴く人にとっては不自由です。人が聴いて楽しむために作る限り、音楽は人間の限界という制限から逃れることができません。

それでも音楽は自由です。 制限があることと不自由であることもまた、同じであるとは限らないのです。
もう数百年も昔から、先人達は人間という制限と上手に付き合い、その中であっても音楽を常に自由に表現してきました。制限を受け入れ、理解し、逆手にとって味方につけ、音楽と人との間にある不自由を克服して表現するためのノウハウを構築してしまったんですね。

今回は、数百年の歴史を誇るすごいノウハウ、『楽典』についてのちょっとしたお話です。

続きを読む

スポンサーサイト

03

02

コメント

変化しない。(=音楽の保留)

「音を時間軸に並べて変化させると、音楽になる」と繰り返し述べてきました。
音程なら高く/低く、音量なら大きく/小さく、タイミングなら…という具合に、とりあえず要素が前と違う値に変われば、それは変化です。変化させたければ、どっちかを選べばいいんですね。

でも、そこには一つ忘れていることがあります。「変化しない」という選択肢はないのでしょうか。

音が時間軸に並んでいるけど、変化しない。それはどういう状況でしょうか。また、その選択をすると音楽はどうなるのでしょうか。
今回はその実験です。

続きを読む

02

26

コメント

音の構成と音楽の本質

音が音楽に変わる瞬間」という記事で、音はいつから音楽になるのかという実験をしました。
ここでは、おさらいの意味も込めてそれをもう少し掘り下げ、理屈としてわかりやすくまとめてみましょう。

続きを読む

02

19

コメント

音が音楽に変わる瞬間

「そもそも音楽ってなんなの?お前らなんでそんなに夢中になって作ってるの?」って訊かれたらなんて答えよう?…ふと思い、あらためてよく考えてみました。 そしたら、よくわかりませんでした。

音楽とは何でしょうか。
音の何か、であるには違いないのでしょうが、「音楽」と「音楽ではない音」の境界線はどこにあるのでしょうか。「音」はいつから「音楽」に変わるのでしょうか。そこで、今回はその謎を解くべくいくつか実験をおこなってみました。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。