--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://waxwanemusic.blog.fc2.com/tb.php/6-92e296c3

10

04

コメント

【MMD】DrumsMotion LITE 開発記(2)

【セットアップ編 その1】

まずはMikuMikuDanceを起動して、各種モデルの読み込みと配置やスティック握りポーズなどを決めてしまうところから。

MikuMikuDance
MikuMikuDance起動画面。 今回は無改造ということで、セットアップもすべてMMD内で。

(1)ドラマーとなる人型モデルを読み込む

まずはモデルデータを読み込みます。
Kioku015

MikuMikuDanceのインストールフォルダ直下にあるModelフォルダが開きます。お好みの人を選んでください。
ファイルを開く016

読込ボタンクリック時に開くフォルダはデフォルトの「Model」から変更はできない。追加で入手したモデルデータは、すべてここにフォルダ付で展開するのがいいだろう。ちなみに、エクスプローラ上からMMDウィンドウへドラッグ&ドロップする手法もあるが、筆者は好きじゃないのでほとんど使用しない。ワイドモニタ環境向きの操作方法だと思う。


モルヒネいろはバンド(仮)のドラマー、社誠一君です。
MMD017 MMD018
社誠一君。ポリゴンを抑え軽量でありながらここまで見栄えのする優秀モデル。作者は黒胡椒氏

(2)ドラマーにスティックを持たせる

ドラムスティックのデータはあらかじめ用意しておきましょう。
Kioku019
モデル読込時のように「Accessory」フォルダが開くので、スティックのデータを選択して決定します。

すると、画像は用意してませんがスティックがドラマーの足元(座標0,0,0のところ)に埋まっているはずです。位置の関連付けが地面になっているためです。これをドラマーさんに変更します。
Kioku021
上段のドロップダウンリストで関連付けを変更したいアクセサリを選択。対象モデル、対象ボーンをそれぞれ中段左右のドロップダウンリストで選択する。変更後は忘れずに登録を。

「右手親指2」ボーンのところに移動しました。
MikuMikuDance020 
ちなみにこのアクセサリデータは、ダンツマP氏が製作したセット物をお借りしたもの。ギターやベースなどさまざまなアクセサリが同梱されている。詳しくは別記。

関連付けするボーンについては色々手法があると思いますが、僕の場合このように親指2ボーン(第一関節部分)です。いずれ詳しく綴りますが、例えばロール打法的なスティックのブレなどの再現が楽だからです。親指をプルプルさせればいいからね。現実では親指がプルプルするわけないんだけど、ほんのわずか揺らすだけでスティック先端は結構ブレるので、ちょっと見ただけじゃわからんだろう、という(笑)

今回はここまで。



※お借りしたデータの紹介※



■黒胡椒P氏作「summer_day」PMDモデル配布動画

社誠一君同梱の軽量モデルセット。再生後、動画部分再クリックでニコニコ動画配信ページへリンク飛びます。

■ダンツマP氏作アクセサリセット「楽器配布用1218」
VPVP wikiより
左側メニュー:アクセサリデータ>楽器
→右側メニュー:セット物項目にある「ダンツマP作バンドセット」をクリック

次回更新内容;

(3)スティックの位置・角度を調整する

関連記事

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://waxwanemusic.blog.fc2.com/tb.php/6-92e296c3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。